JR北海道硬式野球クラブ > 野球クラブについて

歴史

JR北海道硬式野球クラブの紹介

明治42年 「札幌鉄道局野球部」として、国鉄で最も早く野球部が発足。
昭和4年 第3回都市対抗野球大会出場(初出場) [戦績]一回戦 対 全京城(京城市)4-22 ○ ※初戦敗退
昭和9年 第8回都市対抗野球大会出場(6年ぶり2回目) [戦績]一回戦 対 八幡製鉄所(北九州市)2-3 ○ ※初戦敗退
昭和24年 チーム名を「札鉄野球部」とする。
昭和25年 田原 基稔投手 国鉄スワローズ 入団
昭和29年 高田 良明内野手 国鉄スワローズ 入団
昭和31年 青山 祐治投手 大映スターズ 入団
昭和46年 佐藤 昭夫投手 阪急ブレーブス 入団
昭和48年 高泉 秀輝投手 ヤクルトアトムズ 入団
昭和62年 国鉄民営化により、札鉄野球部と旭鉄野球部(昭和3年創部)が合併し 「JR北海道野球部」が誕生。同年の北海道大会からデビュー。
平成4年 JR恵庭球場オープン。
平成9年 第10回JRグループ硬式野球大会初優勝。
平成10年 第69回都市対抗野球大会において、64年ぶりに本大会出場 [戦績]一回戦 対 西濃運輸(大垣市)2-4 ○ ※初戦敗退
平成14年 第29回社会人野球日本選手権大会出場(初出場) [戦績]一回戦 対 東京ガス(東京都)2-7 ○ ※初戦敗退
平成17年 第76回都市対抗野球大会(東京ドーム)出場(7年ぶり4回目) [戦績]一回戦 対 三菱ふそう川崎(川崎市)1-6 ○ ※初戦敗退
平成17年 星野八千穂投手 北海道日本ハムファイターズ 入団
平成18年 第77回都市対抗野球大会出場(2年連続5回目) [戦績]一回戦 対 三菱自動車岡崎(岡崎市)1-2 ○ ※初戦敗退
平成18年 西崎 聡投手 東京ヤクルトスワローズ 入団
平成19年 第78回都市対抗野球本大会出場(3年連続6回目) ※大会初勝利[戦績]一回戦 対 日本新薬(京都市)4-3 ○二回戦 対 ヤマハ(浜松市)9-4 ○ 準々決勝 対 トヨタ自動車(豊田市)4-1 ○ 準決勝 対 東芝(川崎市)1-10 ● ※第3位「黄獅子旗」獲得 第34回社会人野球日本選手権大会出場(5年ぶり2回目) [戦績]一回戦 対 大阪ガス(大阪市)1-3 ○ ※初戦敗退
平成20年 札幌鉄道局から通算で100年を迎える。(現存する全国の企業チームで最古のチーム) 第79回都市対抗野球本大会代表権獲得(4年連続7回目) ※2年連続初戦突破 [戦績]一回戦 対 日本通運(さいたま市)7-3 ○二回戦 対 富士重工業(太田市)2-9 ●第35回社会人野球日本選手権大会代表権獲得(2年連続3回目)[戦績]一回戦 対 Honda鈴鹿(鈴鹿市)2-9 ○ ※初戦敗退第21回JRグループ硬式野球大会優勝 ※ 11年ぶり2回目
平成21年 第80回都市対抗野球本大会代表権獲得(5年連続8回目)[戦績]一回戦 対 七十七銀行(仙台市)1-6 ○ ※初戦敗退第36回社会人野球日本選手権大会代表権獲得(3年連続4回目) [戦績]一回戦 対 三菱重工横浜(横浜市)2-8 ○ ※初戦敗退
平成22年 第54回JABA岡山大会初優勝 第81回都市対抗野球本大会代表権獲得(6年連続9回目)[戦績]一回戦 対 三菱重工名古屋(名古屋市)0-2 ○ ※初戦敗退第37回社会人野球日本選手権大会代表権獲得(4年連続5回目) ※大会初勝利[戦績]一回戦 対 JFE西日本(中国地区)2-0 ○二回戦 対 沖縄電力(九州地区)9-7 ○準々決勝 対 NTT東日本(関東地区)3-5 ●
平成23年 武藤 好貴投手 東北楽天ゴールデンイーグルス 入団
平成24年 第83回都市対抗野球本大会代表権獲得(2年ぶり10回目)[戦績]一回戦 対 トヨタ自動車(豊田市)2-4 ○ ※初戦敗退第25回JRグループ硬式野球大会優勝 ※5年ぶり3回目
平成25年 第84回都市対抗野球大会代表権獲得(2年連続11回目)[戦績]一回戦 対 沖縄電力 (浦添市)3-0 ○二回戦 対 JX-ENEOS(横浜市)5-8 ●
平成26年 第40回記念社会人野球 日本選手権大会出場(3大会ぶり6回目)[戦績]二回戦 対 大阪ガス(近畿・大阪地区)0-5 ●
平成27年 第86回都市対抗野球大会出場(2年ぶり12回目) 第41回社会人野球 日本選手権大会出場(2大会連続7回目)
平成28年 第87回都市対抗野球大会出場(2年連続13回目)[戦績]一回戦 対 新日鐵住金鹿島(鹿島市)2-1 ○ 二回戦 対 日本新薬(京都市)1-9 ●第42回社会人野球 日本選手権(3大会連続8回目)[戦績]一回戦 対日本通運(埼玉)0-1● 11月30日JR北海道野球部休部 12月1日JR北海道硬式野球クラブ発足

ページ先頭へ

2017年チームスローガン

「愛し、愛されるチームに」

-監督から-

当チームのスローガン「愛し、愛されるチームに」は、2010年私が監督に就任して以来一貫して掲げてきた、今年で8シーズン目になるスローガンです。 日頃から選手の家族はもちろん、社員の皆様や地域の皆様、そして応援して下さるすべての皆様に愛される野球部になること、そして、この野球部に在籍していたことを選手一人ひとりが誇りに思える様な、”愛すべきチーム”になることを目標にし、社会人として、また野球人として成長していくこと、それはクラブチームとなった今もその思いは変わりません。 クラブチームとなり、この再出発を機に、今一度野球をさせて頂ける事に感謝し、また野球をやる意味、クラブとしての存在意義とは何なのかということを追求していくつもりです。都市対抗野球大会、日本選手権大会の制覇を目標とするだけでなく、今まで以上に、人として、社員として地域社会、会社に貢献できる”愛される野球部”を目指してまいりますので、一人でも多くの方々に球場へ足を運んで頂き、選手に熱きご声援を頂けますようお願い申し上げます。

JR北海道硬式野球クラブ 監督 狐塚 賢浩

ページ先頭へ

練習グラウンド

所在地

住所 北海道恵庭市戸磯453
電話 0123-34-6694

JR球場へのアクセス

JR恵庭駅より 徒歩 約30分 タクシー 約10分(料金目安800円) バス等の交通機関 なし
JRサッポロビール庭園駅より 徒歩 約10分
※若干ですが駐車場スペースがあります。

アクセスマップ

ページ先頭へ